いろんなおもちゃ

プラモデルは大人もはまるおもちゃ

おもちゃと言うとどうしても、年齢層の低い人たちが楽しむものであるようなイメージを持たれるかも知れません。
しかし日本では漫画やアニメが大人も楽しめる文化にまでなっているように、大人が楽しめるおもちゃもたくさん作られているのです。
大人もはまるおもちゃの代表的なものがプラモデルで、それらはもちろん子供世代の人でも作ると楽しいものですが、大人ならより深い楽しみ方ができるものであると言えるでしょう。
プラモデルの世界で人気のものとしては、鉄道や自動車、飛行機などの実在の乗り物をモチーフにしたものだけでなく、アニメなどに登場する巨大ロボットや、特撮作品に登場する怪獣などの架空の存在があります。
大人なら造形や塗装に工夫を施すことで、そういったものに大きなリアリティーを与えて楽しむという遊び方ができます。
さらにプラモデルを単独で飾って楽しむだけでなく、背景となる場面のジオラマを作り、そこに配置して楽しむというやり方も、金銭的に余裕があり、高いテクニックを身に付けた大人だからこその趣味と言えます。

大人にとっておもちゃを超えるプラモデルの魅力とは

おもちゃとプラモデルは小さな子供から大人まで楽しめます。
おもちゃは小さな子供の想像力を掻き立てます。
自分が電車の運転手や飛行機のパイロットになって、おもちゃの電車をレールの上を走らせたり飛行機を手に持って自分が空を飛んでいる様な気持ちになって遊びます。
そうゆう点では両社は共通点があります。
プラモデルは例えば第二次大戦の戦闘機を組み立てる時、当時活躍した雄姿を思い浮かべて塗装を施したりモデルでは再現できなかったパーツを自分で作成し、本物の姿に近い状態で完成させて鑑賞し楽しみます。
、当時、その機体が活躍していた時の塗装に関する資料を集めて忠実に再現します。
かなりマニアックになると、塗料の色や質感などの出来るだけ詳しい資料を探し出します。
時には海外の文献を翻訳したりする事もあります。
機体に塗装をする時の筆や塗料も専用の物を購入し、何種類もの色を試し塗りをしながら相当の手間と時間をかけて作成、完成させます。
出来上がった物は一つの芸術作品を作り上げたようなオンリーワンの作品が完成します。
出来栄えを鑑賞しながら子供の様に想像力を掻き立て満足感に浸る時、最高に幸せな気持ちになります。
これが、大人にとっておもちゃを超えるプラモデルの魅力です。

pickup

ゲッティーズ
http://www.campaign-gettys.com/

2016/8/5 更新

Copyright 2015 最新おもちゃ事情 All Rights Reserved.