いろんなおもちゃ

赤ちゃんにプレゼントするおもちゃ

生まれたばかりの子どもにプレゼントするおもちゃは、成長に見合ったものが最適です。
まず生後0歳~4ヶ月の子どもには、優しい音の出るおもちゃを選びます。
この時期には動くものを目で追うことができます。
木製のガラガラやオルゴールは耳が痛くなりません。
またゆっくり動くモービルにも興味を示します。
持った時に軽いものや、口に近づけた時に安全な形状や素材、塗料のものが良いです。
次に5ヶ月~7ヶ月になったら、お座りができるようになるので、手を自由に動かし始めます。
ベビー用の積み木を面白がって崩したり、単純な動きを気に入ったりします。
口に何でも入れようとするので、飲み込めない大きさで歯がムズムズしないように歯がためも適しています。
そして8ヶ月~11ヶ月のはいはいをする時期には、運動機能が向上しているので、転がるボールや大人が引っ張って動かすおもちゃを選びます。
指先を器用に使えないので、叩くなど単純な動作のものを喜びます。

子供におもちゃのプレゼントをする際のポイント

親戚や友達などの子供に何かプレゼントをしたい、と考えている場合、おもちゃをプレゼントしようと計画する方は多いです。
ただ、一口におもちゃといっても男の子向け、女の子向けがあり、年齢層も幅広いため、事前にしっかりとチェックすることが大切です。
ほしいものでなければ子供に素直に喜んでもらえない、という可能性もありますから、リサーチ力が物をいいます。
実際に計画中の子供がほしいものを聞き出せるならそれに越したことはないでしょう。
例えば、幼稚園や学校などで子供なりに流行っているおもちゃはありますから、自分の目線でなく、あくまでも子供目線で考えることが重要なのです。
普段から関心を持っているものはグッズにして身につけていたり、口に出している場合もありますので、細かなサインを見逃さないようにするとよいでしょう。
また、子供に近い家族などにほしいものを聞き出す、といったテクニックもありますので、調べた上でプレゼントできればベストです。

check

Last update:2017/3/6

Copyright 2015 最新おもちゃ事情 All Rights Reserved.